ベビーシッターとの信頼関係

自分の子供を預けることになるベビーシッターですが、残念ながら、悲しい事件も起こっているのが事実です。
現状に目を背けてしまい、我が子に万が一のことが起こってしまっては大変です。

しかし、ベビーシッターに対してあまり疑いばかり掛けてしまっても、相手は不快になる上でに、仕事にも支障が出てしまいます。


ベビーシッターを頼む場合は、基本的には、派遣会社へ依頼することが多くなります。もちろん、会社側もどんな人なのかは面接などを通している為に信頼出来る方も雇っています。
親心としては、我が子のように可愛がってもらいたいと願うものです。



基本的なことですが、依頼したベビーシッターへの挨拶と、我が子を見てくれる感謝の気持ちを伝えるのは忘れないようにしましょう。

厳選したYOMIURI ONLINEは無限の可能性に満ちあふれています。

自分が雇い主だからと言えども、それは契約上の問題です。人間ですから、感情による働きがあります。
自分が感謝されていると感じるかどうかによって、思い入れは変わってきます。また、仕事に対するモチベーションアップにも繋がります。

預けている間の子供の様子を聞いてり、普段の子供の様子を伝えることも忘れないようにしましょう。

また、ベビーシッターへの労いの気持ちなども忘れないようにしましょう。より良い関係が信頼関係を育みます。



なんとなくの会話一つでも、人の心を動かすことになります。普段から、ちょっとした感謝の気持ちや声掛けなどを忘れないようにしましょう。自分の子供への接し方もより良くなります。