ベビーシッターについて

アメリカでは、アルバイトでベビーシッターをしている人はたくさんいます。


資格なしで誰でも出来るので、学生にも人気のあるアルバイトです。しかし日本では、学生がベビーシッターのアルバイトをしているというのはあまり聞いたことがありません。それどころか、ベビーシッターという言葉さえも普及していないのが現実です。



保育士の資格が必要なイメージがありますが、資格がなくても行える仕事です。
全くの未経験では仕事が務まるのか不安な人もいるでしょう。

ベビーシッター会社に登録すると、きちんと研修があり赤ちゃんのミルクの作り方やおむつ替えの方法など教えてもらえるので安心です。
研修が終わるといよいよ仕事です。この仕事は依頼先の家で子供を預かることが殆どです。地図を渡されますので家を探して訪問します。他人の家は使い勝手が分からず迷ってしまう事があります。
保護者は出掛けてしまう事が多いので、保護者が在宅中にしっかりと連絡事項の確認をしておかなければなりません。

Yahoo!ニュースに関する疑問にお答えします。

子供を預かっている時は、怪我をさせないように注意する事が大事です。



保護者が帰宅したら、その日の出来事や体調などをしっかり伝えましょう。
この仕事は、アルバイトやパートで行う人が殆どです。
時給の割には大変気を遣う仕事です。
子供相手なので体力も必要です。

現在保育士は低賃金で重労働の為、なり手が少ないという問題がありますが、ベビーシッターでも同じことが言えるでしょう。